寝起き 口臭 歯磨き

\寝起きの口臭対策歯磨き粉/

薬用ちゅらトゥースホワイト

歯を白くしながら口臭予防!

寝起きの口臭歯磨きなら”なたまめ”がいいよ!

寝起きの口臭に悩まされていたワタシですが、専用の歯磨き粉など、なにか対策グッズはないものかネット検索してみたのですが。。

 

歯磨き

出てくるのは、口の中の細菌が増えないように「寝る前にしっかり歯磨きしましょう」「舌の汚れもブラッシングしましょう」とか、口の中が乾かないように「水かお茶を飲んでから寝ましょう」「口呼吸ではなく鼻呼吸できるように訓練しましょう」とか、同じような内容ばかりなんですよね。

 

しっかりと歯磨きをして、鼻呼吸はやっているつもりでも寝起きの口臭が気になるから困っているのに・・・

 

と思いながら口臭対策の歯磨き粉を探していて見つけたのが「薩摩刀豆 なたまめ歯みがき」でした!

 

使ってみると、歯磨き後のスッキリ感も最高ですし、寝起きの口の中のネバネバを感じなくなりましたよ。

 

またまめは歯周病予防にもなるみたいだし、寝起きの口臭だけでなく歯周病からくると口臭もしっかり予防をしてくれそうですね!

 

その他にも、口臭対策用の歯磨き粉やサプリメントなど色々ありましたので紹介しますね。

 

歯磨き粉

モリンガ美臭美人

モリンガ モイスト クリーンブレス プラスアクア

 

石垣島塩歯みがき

石垣島塩歯みがき

 

スプレー

薬用オーラクリスターゼロ

薬用オーラルクリスター・ゼロ

 

タブレット

【オーラルデント】

オーラルデント

 

サプリメント

臭ピタッ!

臭ピタッ!

 

薔薇の滴

薔薇の滴

 

モリンガ「美臭美人」

モリンガ美臭美人

 

お茶

なたまめ茶|京都やまちや

なたまめ茶

 

寝起き口臭対策TOP

口臭対策歯磨きの方法

口臭についての悩みや心がけていること

口臭って気になりますよね。特に女性は気にしている方が多いのではないでしょうか。

 

私も人と近くで会話する時などにとても気になってしまって、喋るのを躊躇してしまうことが多々あります。

 

特に気になるのが寝起きの時です。うがいしたり、何かを口にしないと、近くで会話するのにとても抵抗があります。こういうことは、なかなか他人は指摘しずらいので、自分自身で最低限のことをやって、人に迷惑をかけたくないなと思っています。

 

寝起き

口臭は、口が渇いていると強く出やすいと聞いたことがあるので、気になる時は、水分を摂ったり、あめやガムをかんで対策をしています。私自身、普段からドライマウス気味なので、唾液が出るつぼを押したり、口の中で舌を回してなるべく口が渇かないように気をつけています。

 

歯医者に定期的に通うことも大事です。普段の歯磨きだけでは磨き残しが多いので、歯石が溜まってしまいます。そうなると歯医者に行かないととれないそうなので、数か月に1回歯医者でとってもらうのが大切です。

 

歯周病は年齢が上がるにつれて、結構な確率でなっているそうなので、知らない間に進行しているとこわいです。酷くならないうちに治療しておくのが大事です。

 

普段、家で出来る対策としては、歯間ブラシやフロスを使って、歯の間の汚れを取るのを習慣にしたいものです。忙しくてなかなか時間がとれないとは思いますが、1日に1回だけでも徹底的に歯磨きすると効果があると聞きました。

 

口臭予防は少し手間がかかりますが、エチケットの為にも歯の健康の為にも気をつけていこうと思います。

 

寝起き口臭対策TOP

 

口臭予防のためにできることを実践中

口臭

身内の者に、歯槽膿漏でとてもひどい口臭の人間がいます。そのため自分自身の口臭もあんなひどいのかと考えるようになり、一時は過剰なぐらい口臭の予防に励んだことがあります。

 

予防の方法は一般的な歯ブラシでの歯磨きに始まり、それが終わったら歯間ブラシや液体洗浄剤などを使い、挙句はガムを噛み続けるというようなことを毎日続けました。その結果は口臭は消えましたが口を動かし続けたことによって顎に負担をかけてしまったらしく、顎関節症にかかりしばらく苦しむ羽目になりました。

 

今はそれに懲りて食後に歯磨きをすることと、口臭予防のタブレットを飲むぐらいで済ませています。歯磨き粉は普通のドラッグストアでも販売しているようなものより口臭専用の歯磨き粉です。タブレットも、通販でいつも取り寄せて購入しているのを服用しています。

 

そのタブレットを使用するようになったのは乳酸菌が使われていたからで、以前から乳酸菌が虫歯にいいことを聞いていたのですぐに飛びついて使うようになりました。その乳酸菌のおかげか最近は口臭について特に気になることも無くなって、割りと快適に過ごせるようになりました。

 

自分も後から気がついたんですが、口臭には虫歯や歯垢の付着が原因になるもののほかにも、体の中から上ってくる臭いもあるんですよね。それお考慮せず口ばかりケアしても、効果は思ったより上がらないんです。

 

乳酸菌のタブレットを使用するようになってからは、口と消化器を同時にケアできるようになって自分自身もそんなに神経質に腔内の洗浄にこだわらなくなりました。歯槽膿漏の身内にも乳酸菌のタブレットを勧めてみましたら、こちらも調子がいいようでお礼をいわれました。

 

この経験から、お口のエチケットは外側だけでなく、中からも行うのがいいように思いました。

 

寝起き口臭対策TOP

 

舌まで歯磨きして口臭対策に努めよう

口臭はコミュニケーションをとる上でとても気になる点です。相手の口臭もさることながら、自分の口臭も気になりますよね。自分の口臭は自分では気づきにくいものです。よく胃腸から臭いをとるといった商品もありますが、私はそれ以前、口の中の臭いをとることをおすすめします。

 

以前、ニンニク料理を食べてから口臭を確認しました。うがいもしていたので、そんなに酷くないと感じたのですが、舌がニンニクの味がすることに気づいたのです。歯磨きで口の中を綺麗にしたつもりでも、意外と舌に臭いは染み込んでいるのです。

 

舌の臭い

それに気づいてから歯ブラシに歯磨き粉をつけて優しく舌をブラッシングしてみました。すると舌に染み込んでいた味も消え、臭いも大幅に除去されました。歯磨きでしたら、歯を洗うついでにできるので楽です。強く擦りすぎると舌を傷つけてしまうので本当に優しくブラッシングするだけで大丈夫です。そしてうがいで歯磨き粉を流して完了です。

 

口臭が気になるとどうしても物事に集中できなかったり、自分に自信を持てなかったりします。でもこの方法に出会ってからは口臭を気にしなくていいので堂々とできています。舌は盲点だったという方も多いのではないでしょうか。もちろん、他のブレスケアの商品と一緒に使用しても効果が高いと思います。緑茶でも口臭を消せるので、緑茶を飲んでから歯磨きをするとより効果が上がると思います。歯ブラシは社会人の基本なので持っている人は多いと思いますが、お持ちでない人はまず歯ブラシを用意して口臭対策に努めましょう。

 

寝起き口臭対策TOP